TRYできるのか

日経225先物も18000を超え、
メディアの予測である20000円は
今年到来するのだろうか、市場エネルギー
は昨年よりよく、金利引上げをしたことで
物価の上昇は避けられないだとろう、すると
ものの値段があがるということでの、株価上昇
は当然ありえる、昨年金利をあげずにいて
17500あたりで、下落した環境とは違う。

WTI60への復活

金利ひきあげで、日経225Fは18000を超えて
きた、ガソリンも高いし、白金は今日はSH。
また高騰してゆくのか。

WTIのOILが60ドル回復

今日の発揮は前場綺麗な罫線を描いてきて
いる4595を頭に横横。後場どちらかへ方向
性を出すのを待つ。

WTIのOILが60ドル回復で国内は6万円へ
復帰、その他ザラバ貴金属も今日は高い。
一時、リットルあたりのガソリン代金が安くなりかけて
きたがこの調子だとまた値上げか。

ゴムあと7円弱で300円

を達成します。 これはロックオンされた感じですね~♪

トレンドが決まる前

原油相場が現在は小康状態でWTI60ポイント手前
で以前地団駄。 今日も動きが鈍い。
さらに日経225先物も500円を頭にしながら
上下している踊り場、こいう時にいきなり資金が入ると
飛びぬけるし、大玉の売りが入ったりするとトタンに
一方方向へトレンドが作り出されてゆくので注意が
必要だ。

商品市況と世界

WTIはこの半月で約10ポイント原油で盛り返して
きた。 半値程度の56ドルで小康状態になるかと
予想していたけれど、やはりエルギー需要は根強い。
国内では、円安ということも追い風ではある。
商品市場は、アジア諸国の進展でますます高くなる
可能性があるので、これにどう立ち向かうかは
国としても、輸入依存の日本には大きな課題で
あろう。