NYダウの影響はあるか

NYダウが世界同時株安に歯止めをかけたという報で
買い安心感あり~今後の商品市場にとってもニュース
ソースとしては重要。 もちろん為替動向も重要。

少なくとも中国の動向はこれからも大きいと思うが
市場も慣れてくるはず。

眠れる銘柄

粗糖が海外急騰を反映してSHになった。
これはこれまで数度眠れる粗糖として5月17日以来
書いてきたものだが・・・・。
次なる眠れる銘柄は~小豆ではないかと感じている、
閑散相場でも需要があるうちは相場が成り立つ。
ピンだろうが建てれば相場。

まあ、ずっと眠っていることもありますが~。

起きたか?シュガー!?

大豆やコーンに隠れてパッとしなかった粗糖が
1:28現在、急上昇している。9.41 +0.48。
大豆は次なる仕掛け候補として魅力的ではある
が期先の過熱感がまだない。 
白金は軟調でNY白金も下げている。1277.0 -13.7。
海外の引けはどうなるだろうか。

穀物の上昇~貴金属の下落

夏相場は相場に予測は禁物といいながら・・
穀物の上昇~貴金属の下落に概ね
なるのではないか、原油は別。
 しかし大豆はここのところの急騰で疲れれている
ので押しも少しあってさらに大きく出直して上げる
そんなイメージをもっている。 粗糖は未だ眠りから
目覚めていない。 さてさて。

聞かざる、見ざる

今日の外電はガソ、白金ともに下落基調を呈していたが
蓋をあけてみると、前場から軒並み上昇に転じた。
円安支援もあるが、下げずらい相場展開が継続。
NY外電の先入観があると感情の足をひっぱられて
冷静さをかくので、注意も。

大豆の上昇!コーヒー、粗糖は?

ブラジルレアルの上昇による連想で大豆やコーンが上昇し
国内も連れション、いや失礼連れ高。
レアルって何と思われるかたは、グーグルでも調べるといい。
FXをされている人に聞くか。
※レアルは1994年のレアルプラン以降ブラジルの通貨。
しかし眠っているのは粗糖、国内では小豆。
おきているのは大豆、コーン、ロブコーヒー。
起こされたのは、アラビカっていうところ。

夏場、原油高値安定、穀物の反騰?

粗糖が急落、大豆コーンの上げ。
ナイジェリア不安での原油上昇。
円安。 

穀物相場が熱くなるか

シカゴ穀物、天候相場!
コーンも大豆も急上昇。アク抜けか!?
ツレ高となる粗糖や、国内小豆ももしかしたら
ここから浮上か?

ガソリンは60~65範囲で夏場をすごすかどうか?

勝てなければ意味がない

どんなに指標をこねくりましても勝てなければ意味がありません。
市場の流動性と投与できる資金量もトレードには大きな要素と
なる。 デイトレでもスイングでも同じと思うが、資金量は違う。
能書きがいい、資金が増えなければ投資は失敗という。

日経と商品

今年は日経と商品市況はほぼ連動しているいうに思う。
商品は最近はスカスカ?と言われ、なかなか参加者も増えて
こないのかもしれないが、生活に密接な「物」を取引して
いるのであるから、もっと注目されるべきではないだろうか。

日経も18K TRYはどうだろうか?
米国が高値更新をしているが、高値警戒で急に下げると日本にも
影響があるので、この点は注意しなければいけない。