NY暴落の後遺症

今週は円高、株安、商品安とトリプルだった。
米国市場の影響度は大恐慌の頃と変わっていないと
いうのが分かった。 それに日本は敏感すぎるほどの
動きを露呈した。 これは経済の属国であるといっても
過言ではない。 この先も状況はかわらず、米国に
ついていくしかないのか。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する