世界経済戦略?なんて思う

先送りされたものが小出しに出て暴落するパターンが
NY。それに全世界は影響を受ける構図。
簡単な将棋倒しロジック市場。

サブプライムローン関連で、米銀大手ワコビアの
評価損発生が明らかとなり、JPモルガン・チェース
も悪影響を受ける可能性が指摘されるなど金融機関
の損失拡大懸念??

こんなものが彼の国で小出しにされながら、日本が
翌日ガクンの急落をしていてはうがった見方をすれば
米国のインサイドでスケジュールを組んで急落を演出できる。
投資で利益を生むことができる完全にコントロールだ。
金融市場一党独裁に近い。 

WTIもドルもNYダウも復調ときたところへ悪いネタを
出して、世界恐慌にならない程度に急落させるということ。
もしや国家的な経済シナリオであればこれは世界的経済管理。

逆張りで大量の資金を運用できるというものだ。

大きく下げていると凄くショックであるが
こればっかりをニュースにする、
しかし資金はトレードオフ関係にあるので売りで大もうけし
ているバランスの上で成り立つ。

じゃあ誰が大もうけしているのか?

そういうところには、決してスポットライトはあたらないので
暗くなるとドンドン暗くなる。

こと先物系のトレーダーは、本来下げ上げは関係はなく
関係があるのは実需筋と現物株投資家だ。

 原油は WTI市場管理体制
 株価は NYSE管理体制
 為替は 基軸通貨のドル管理体制

こうみてゆくと 分があるのはEUR通貨(欧州)
ぐらいしかない 円はドルのカバー通貨みたいもの。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する