よそう は ウソヨ?

この間何かの本だったかDVDだったか
こんなことを言っていた。

予測は~クソヨ 
予想は~ウソヨ  こじつけであっても

なかなか面白い。
よそく と よそう を 逆からよんで
いるのだが~ 若干異論もあって予測は
いいんじゃないのと思う。
システムトレードへのいざないでの文句だ。

ところで・・今日は気持ち的にトレード欲がない日。
こういう日は 別の仕事をするがよい。何もしない。

前場と後場 ~昨今 後場だとかイブニング~とか
せわしくなっている。 その価格分析も統計ではで
きるだけの数字もない.困ったものだ。

ブラックマンデーの思い出

荒れに荒れている株式市場。
原油や金の上昇の話がふっとぶニュース。
為替もよく動くが大きくない、
FRBの大幅利下げであればもっと変動するか
と思っていた。

ところで、1987年10月19日月曜日。

ニューヨークの今は無きワールドトレード
センターの中の某銀行のディーリングルームに
いました。 といってもバンカーではないので
何をしたかといえば、銀行のローンやボンド
システムなどのコンピュータシステムをインス
トールしたり、彼らの月次決算数値をみていた。

暴落ではロイターやテレレートから流れる情報
や電話でざわめいていましたが、
その銀行はおそらくかなり平静だった思い出。

つまりその銀行はデイーリング中心でない堅い商売
だった。

その時の世界の情勢は日本が金融旋風をまきおこ
していたバブルのさなかで、ロックフェラーセン
ターなども買収していたと。
今のように中国も金融世界に不在時代、欧州の
EUR通貨もありませんでした。 
インターネットなどもまだあるわけがない。

ワールドトレードセンターのなつかしい思い出。

業後に屋上へいった。
凄く大きな正方形の場所で夜で強風が吹いていた。
そして夜景はすばらしい。鼻をすすりながら眺める。
よくまあこんな高い建物をたてたものだ。

またエレベーターは教室のように大きな箱で高速に
上昇下降するとグラグラと凄く横揺れして怖い、
日本と比べるとなんてボロだなあと思ったことも。
でもこれ設計をしたのは日本人だと後でわかった。

エレベーターを乗るときは後ろが開いて
降りる時は、前が開くといった乗り降りが合理的
になっていて、上へのフロアーへは3度ほど乗り継
いでいきました。
・・・・
今回の世界同時株安の報はそれを思い出させ
彷彿とさせる昨今のニュースだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1987年10月19日月曜日、ニューヨーク株式市場が
過去最大規模の暴落。ダウ30種平均の終値が前週
末より508ドルも下がり、この時の下落率22.6%は、
世界恐慌の引き金となった1929年の暗黒の木曜日
(ブラック・サーズデー)(下落率12.8%)を上回
った。

平成20年の下値を期待

一時ー600円を越える日経平均。

ここらあたりが下値であってほしいもの。
平成20年この奈落から立ち上がってゆくというのであれば
すばらしいのだが。 スパイラル的な下落をどこかで
とめないと世界的な金融ショックの年にならぬよう。
今夜のNYは皆が注目するところ。

商品からの手控えと円高で下落。

日本の企業の決算はもうすぐだが、株式組み入れの
評価損の計上がどの程度かわからないが
実需を反映しない評価損がさらにムードを悪化するのでは。

サブプライムが関係のないところへ波及する2次災害
のようなもの。

サブプライムの怪我

日経平均の奈落はまだ継続している。

懸念なことは米国金融機関のサブプライム損失の
大きさだ。何兆という単位をどう切り抜けるか。
FRBにおける金利の引き下げ、先進諸国の米国金融
への支援などインパクトは益々大きくなる。
となると指数は下がるというサイクルを食い止めるのは
それを上回るニュースが必要だ。

またも陰線のNYダウ

昨夜のNYも暴落。陰線がひっこまないダウ。
その煽りをうけて日経もギャフン。
商品ももちろん金や原油は高止まりではあるが、
ダウの上下によってその他商品の動きもおなじく
上下している。
まだ米国発の経済台風は収まらない。

日本売り

昨年金融分析を11月にやったのですが、
WTIの原油100ドル、金が1000ドル。
金は上海で上場されたため投機がさらに拍車が
かかっています。
という予想がそのまま具現化しようとしています。
これは実勢価格というのではなく、世界的心理傾
を具現化した格好で、大勢がそれを望むからそう
なります。 皆上がるという思いに今のところなかなか
ブレーキがかかりません。

日経平均は、軟調ですが、これは日経225という
曲者が市場の基準になり株式と225先物の連動性
のもと株価が動くからしかたがありません。

現在は日本市場で株を売り、他アジア市場の投機が
あるため、いずれこの逆が行われると思います。
その時は急速に回復するはずです。

ダウ急落↓~虚像市場経済の末路

ダウ急落。12,606.30 ▼246.79

月曜は日本は急場なので、その夜も考えないと
いけないけれど、それも急落の場合に明け15日
の日経はどうなるか。
その時でこれまでのNY離れになるのか円の動向
も要因ではあるがやっぱり追随するか 見もの。

そこまで日本経済は悪くないと思うが、株や為替
が実態経済を脅かす時代となっていて
人が動いてがんばっても 一瞬にしてその労働の
対価が失われるという世界経済システムを続けて
いいものだろうかと思う。

市場経済は実需の経済でなく 実態とかけ離れた
虚像空間の市場経済~お金=物として扱われる市場
経済の行き着く先、どう考えてもおかしい。
末路は、どんなことをしてでもお金ですべてを牛耳
るというお金独裁経済になろう。
そしてお金のない国民や国家はすべてその支配化に
なり労働を強いられ貧を強いられるだろう。

知恵の分配、お金の分配、物の分配という得た豊かさ
を分け合う精神的な豊かさをもたず、独裁的&拝金主
義の世界になってしまことを憂う。

超資本主義経済を人類は再考し地球レベルで経済活動
を検証しなおす世紀なのかもしれない。

NY離れも痛し返し?

NY離れも痛し返し?
念願のNYダウ離れを具現して3日。
いやはや、反発のNYダウの逆行下げあるいは
低迷横横。NY離れも痛し返し????

今は日経CMEなどの先物市場が米国で動く.
これが東京を引きつぐ。
米国市場の取引中に下げるものだからそ
延長戦上の日本でも下げてしまう、先物主導型。

これでNYダウがまたー200などとなった時も
日本市場が大きく反発するだろうか。

これは誰しも思うことが1つ。

「きっと日経はNYダウの弱気に反応し下げるだろう」

という不安感だ。
大多数の不安感が募れば急落につながる。

ゆめゆめ、思わないようにしたいものだが・・・・。

この年初からの下げで、企業の組み入れ株式の評価損が
実質損益を喰うはずなので、このまま下げると
日本経済は株によって決算状況が悪くなる。
資本市場のデメリットな会計処理。

後場、日経平均の反発を期待したいものだ。

NYダウから脱せよ!

NYの写真相場から脱すること!
これが日本市場の目標。

というのは 日本市場の経験が他国で全くケーススタディ
として活きていない。バブル崩壊から傷を背負いながら
低成長とはいえ、少しづつ立ち直ってきている日本市場は
その意味では、幹自体がしっかりした市場である。
※あくまでも私見だが。

・日本のバブル崩壊前までは異端児だった、NYと反対。
・日本のバブル崩壊の土地神話は日本はすでに経験済。
 ※米国のサブプライムとの違い。
 ~ 日本のバブル崩壊は土地を担保に株式を買う、
   土地を買う連鎖
   米国は土地を担保に個人はローンをするが、金融会社が
   ローンを担保にした債券を売っている。
・株神話崩壊の経験
 ~中国など新興国の株式市場の今がそう。
  これは東京オリンピックや日本のバブル崩壊で
  経験している。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ドバイ

家族にドバイといったら・・神田うのさんが行ったとか。
ご主人は日拓ホーム株式会社のトップ。
NHKでも昨夜放映していたが、中東は石油の枯渇のくる
時代にそなえて今は猛威をふるって原油を高値で売り
外貨をかせぎそれを先進諸国へ投資をちゃくちゃくとして
いる様子だ。 つまり投資のリターンで将来国をささえると
いう単純に言えばそれ。
石油でも、自らの知恵でつくったものでなく地下から採掘
して売っている、
採掘代金や輸送代金、製油代金は別としても本来は人類
の資源である。分配すべきもの。

つまり勤勉にならなくても地下からくみ上げればいいし、
将来は、今投資している企業からのみかえりや、買収先
から資金を還流させればいいという知恵が先行し、
独自技術の研鑚や改良や発明などの空気はいっさい感じ
られない。
こういった国もあるということ、また日本のように資源がなく
全く反した頭脳だけで食っていく国がある。

世界の経済の流れが大きくその潮流を変えようとしている。

~そう インドも忘れてはならない。