腹をもってトレードをすること

ATS=オートトレーディングシステム花盛りといえ
一筋縄ではいかない。

これは使用する前にシステムトレーディングの仕掛けを
十分に考え検証してはじめて機能をさせることができる。
それが未来利益を生むかどうかは、これも
いくら優秀な検証をしても、不確定なことだ。

その前に、トレードの心がまえさえできない人が
ATSとかシステムトレードを長く継続させるだけの
パワーがあるかどうかが最大の課題である。

連続負け、ドローダウン、資金管理と多くの
因子をどう人間が受け止められるか。
ということだ。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する