井原西鶴

商品先物は古くから存在し大阪堂島からという。
先物という考え方も先進的だった。
あの井原西鶴も 当事の様子を綴っている。
井原西鶴の『日本永代蔵』
『北浜の米市は……互ひに 面を見知りたる人には、
千石・万石の米をも売買せしに、両人手打ちて後は
、少しもこれに相違なかりき』 (巻一、浪風静かに神通丸)とあり、
北浜の米市場でも契約成立の証として手打ちが行われていたらしい。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する