暴落と暴騰

今日は先週とは真逆。

暴騰ではじまった日経です。
今度は上げでの売買停止。

G7では不透明感のある発言。
これは欧州の各国の銀行間の取引における
政府保証という具体的行為や、
これによる金融取引のNYダウの900ドル
を超える暴騰。

銀行間の取引における政府保証というのは
普通考えられない行為。
一過性のものかどうかは注視するべき。

米国よりも英国、ヨーロッパがやってきたホワイトナイト。
さすがにインペリアルな国である。

急激な円安。
貴金属が売られ、穀物が変われ、
反応が速い。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する