バランスシートと急落

日経平均の下落更新。
どの経済情報誌もメディアも
総悲観ニュースばかり。
この1ヶ月。

危機~>恐慌~>崩落

というふうに評論が変わっている。

以前は総悲観の時は買という定説が
あったが今や連続下げの中これを
いう人はいない。

人は先が読めないが大きな変化の箍が
はずれるともう いくところまでいこう
という あきらめに変化する。

企業経済への影響 年末の決算発表時に
おとづれる。

しかし

 時価評価を止めて~簿価評価にという
 方式へかえようという流れもある

これは 取得時の簿価をそのままの状態に
しておくのでB/Sに変化はない。

もう1つは オフバランス取引。
 先物系の ものがこれまで簿外取引と
 して 資産・負債以外の表で決算時に提示される
 のだが、これを 簿内へ取り込もうとする
 検討もあるという。

薄い知識で書いているので間違いもあるかもしれないが、
この2つ、1つめは証券財務外しになり
企業の収益のみをみられれるので市場の動揺から切り
離されることになる。
2つめは、派生商品関係を純粋に決算書類に反映しよう
というこころみではと思う。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する