下げ疲れ。

しかし日本株安~>円高という相関はどうも
しっくりいかない、日本経済弱体~>円安という
観念があるからだ。
しかし、トヨタなどの長大規模の企業が他国で
業務をしているのでそうなるかもしれないが、
それ以上にドルやユーロの弱体化が大きいという
考え方もできる。

そろそろ、世界的下げ疲れもあろう。
小康状態的もつづくわけはなかろう。

それにしても米国の世界的責任は大きい。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する