金融自由主義とトレード

この時代のこの国に生まれて今の時代を暮ら
してゆくには、経済的な問題が生まれた時か
ら制約となります。

命は保証されてあたりまえの国であり時代に
生まれた偶然でしょうか。

これが、原始時代に生まれたとなれば経済で
なく、命を守るというのが最大の優先事項
となります、
いつの時代に生まれたによって人生は大きく
違ってきます。

昨今、勝ち、負け組みと分けたり、格差社会
という言葉が生まれてきており
この根拠になるのは 経済的なことになって
います。 お金をもっているものが
勝ちで、持たざるものが負けという図式です。

人間が発明した 「お金」 で 人類自身の
貧富を作り出してしまったわけです。
「働かざる者、食うべからず」という言葉に
あるように、
働くとは、労働であり、その対価として金銭が
あるはずが、
対価であった金銭そのものを一人歩きさせて
しまったのが資本主義経済における
米国型金融自由主義の暴走です。
行き過ぎたものは戻ってきますが、
暴走すぎる回のサブプライムはなかなか
解決されません。

この一人歩きが・・・大勢で歩きはじめた
金融経済を 働く=対価に戻さないかぎりは
このサイクルはくりかえされるでしょう。

または、金融経済で使用する通貨を別のものに
するといったことも必要かもしれません。

世界的な投機というのは、見直しの世紀になる
とすればもしかしたら、自由にトレードできる
今の時代は最後かもしれません。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する