不安定な相場つき

円高傾向は変化がないけれど、株価に影響するのは
たまにキズ。 政府はドル円の落としどころをどこに
みているのだろうか。

原油は70を頭に変化がなく安定しているかにみえるが
あいかわらず金は1000ドル前後で上下しているのを
みる限りドル不安がしつこくある。

トレーダーとしてもなかなか出動しにくい時期である。

負けないとは。

勝率・PF・D/Dとシステムトレードにはいろんな指標
がある。
では裁量にはあるのか?

あるようでない・・・・といのがほとんどかもしれない。
利益をあげれば とにかく良いのである。

負けないとは勝つといったことよりも忍耐をつかさどる
つまり リスクを加味しながらも 冷静に利をあげる
自分独自のやり方の追求をすること。

といって難しく考えずに楽しくすることだ。

1万割れ。

日経前場一時1万割れ。
今年の第二段階の低迷期間かもしれぬ。
急激な円高もあり予断許さぬ時。

今のところ新政権の発言は注目度も高いので
敏感に為替も反応する。

あと3日で10月だ。

FXとその他の投資

FXとその他の投資とを比べtルトあきらかに
違うことは・・
誰でも知っているようで初心者が驚く
FXにからむ重要指標の発表の時間、日時で
あろう。

どんなに流動性が高かろうと、こういう重要な
指標の発表はトレンドを裏切って
とんでもなくジャンプすることが
ある・・・・ 
少しの注意力が トレードを救う。

2番底?

2番底という。
今年も9月は終わりに近い。
3/4が終了する・・・あと3ヶ月たらずで除夜の鐘。

予測した日経1万超えても引き返すということを
あと数ヶ月で上申し1.1万を超えてくるかどうか
民主党の采配と 米国の経済情勢
さらには 世界情勢が 密接にかかわっている。

金はあいかわらず 強い状態=米経済への不安は
根強い証拠でもある。

金1000ポイント

ついに金が1000ポイント踏破している。
これは米経済の不安と世界金融の不信が
いまだ根にある証拠と投機の主体が金で
あるということだ。

ここ当分金の時代が続くと思う。

やっぱりか?

長らくメインパソコンが障害をおこし復旧をして
いました。 私の場合かなりITとのつきあいは
長くもう25年にもなるのですが、今回は容量の
大きくなったメインパソコンの障害で復旧に大変
な時間を要しました。

トレードもいまやPCなしではできない時代で
あるのですが、単にトレードだけでなくシステム
検証をするといった時はやはりPCでも広い画面
を使うといったことがありますので重要な道具で
すね。

日経の爆発力がここのところ停滞している。
私の春からの予測である本年1万こえても・・・・
といいうのがあたるとすれば秋から下るが、
民主党も新しい組織、政策を打ち出しつつある
のでなんだか若返りでそこはイイ効果も。

税金の無駄使いも是正するべく補正予算を
撤回するような動きもありそうな昨今
ゼネコン関係へのお金の動きがなくなるとすれば
経済はいったんしぼむ。

未来ビジョンとして
使うべきところの経済原動力としての
資金投入が、サービス的な部分へ還流するとすれば
あまり大きなロットの経済成長はみこめない。

舵取りを星間したい。

世界の金融市場も日本を静観しているのではないか
と思う。