おくればせながら

年初から。シストレのシステムの開発。

昨年のような大揺れ相場は今年はあるかというところだが、
米国依存型の金融マーケットは崩れてしまった昨今
支柱をどこにするかが鍵。

日本では,雇用者問題もあるが、トヨタ決算などの数字も
どうなるか恐ろしい面もある。

といいながら年末年始と多くの人が賑やかに繰り出す姿を
みるに、日本は大丈夫そうな予感もする。

クールJAPANを世界中に広める年になるのかもしれぬ。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する