さて回復後の先は?

NYダウがようやく7000を回復。日本も絶対値として
途中年金の買などもあり、6000水域はエブニング
セッションでは225先であったが、かろうじて救われた。

3月底の観測を自身はしているのだが、
急反発のエネルギーはテクニカル的にはあっても
経済状況ではないのが残念。

大きな経済ニュースか、単体でもリーディングカンパニー
のVISONの発表などがあれば牽引されると
思うのだが。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する