行って来い

1昨日の株式の急落からの反転。
対円通貨、特にANDうあGBP、EURと
大きな下落と大反転で
多くのトレーダーはソンギリできず
振り落とされる可能性が高かったのでは
ないだろうか。

テクニカルの前に、米国の大指標のもとで
は木っ端微塵になってしまう。

こういう時には大資本家が勝つ構図が
資本主義なのだろう。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する