注視してゆく、見守ってゆく、曖昧な不気味さ。

責任をとりたくないのだろうか

注視とか見守るとか 曖昧な表現は
欧米の投資家にとって不気味だけれど
結局 実際の行動がないと
じきに 元に戻る。

何故

 日本経済によくないから
 為替は 介入するし

 株式の下落は阻止するべく
 金融のあらゆる対策をとる

といえないのだろうか
日本の首脳は

 官僚に 言ってはいけないと
 言われているのか

 何故かといえば

 そういって やることが多くて
 できない時に
 責任をとりたくない

 なので あくまもで曖昧に・・・

 口先介入。

 ・・・

 でも カモフラージュ的に

 実は
 
 大きな 対策をする前なのか?

 そう期待したい いやそうすべきだ

 日本経済が沈没する前に。

 株価の絶対値的な開きは

 米国 10300

 日本  9200

 差   1100

 開きすぎている

 サヤ仕掛けの格好の位置でもあろう。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する