8月2日への攻防

米国のデフォルトか あるいは 格下げか。
この山場は今年の金融の山場。
円高阻止なるか あるいは 債務枠が可決し
安定にもどるか
いずれにしても 目が離せない 週になる。
どなっても いいような トレード体制を整えることが
一番だ。
スクエア あるいは POSゼロにする金融機関も
多いと聴く つまり 流動性がなくなるとう面もあり
投機筋の ターゲットになる可能性も秘めている。
///////////

海外のFX業者とレバレッジ規制

UK(つまり本国)に本社をおくFX業者への日本からの
日本居住者についての取引停止あるいは開設不可と
いう流れ、これは 金融庁のFXの個人投資家保護の名目
の元に執行されてきていることによることは
誰しも思うことだ。
alpari、fxcm・・ 私はUKの開設をしてもMTを眺めることは
あっても 運用をしていないが 
ここで EAなどをやっている投資家は レバ規制を離れたUK
であったことの口座閉鎖は 面倒くさいだろうと思う。
FXDD などは EAや 多くの商材もからみ
マルタ口座など もし 閉鎖の憂き目になったらシストレをしている
投資家は大変だろう。
金融庁のサイトにこんなのがある。
参考にするといいかもしれない。↓
無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/mutouroku.html

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html#kinyushohin

金融自由主義は米国を中心に全世界へ波及しれいるけれど
リーマン や EUの諸国の問題 米国のデフォルト不安など
現在襲っている 状況から 保守的になっているのはやむおえまい。
ただ 日本の場合は 金融にしろ 実需にしろ 活発にしない
かぎり 景気の回復は望めない。
バブルはよくないが バブルの頃の方が世の中は活気が
あったことは 間違いがない。
—-
それと 数百パーセント!の投資ということよりも
地道な投資スタイルを 確立することを目標に歩くことの方が
数百倍 価値がある どの国へいこうと できるスキルを
どうつけていくか ~ これが トレーダーの自立だ。
//////

FXのシストレと 7月末

オバマ発言で ドル円では円高へ触れた 
78円割れである。 
しばらく 78 をはさむ攻防になるのか!?
FXのシストレは調べてみると EAは星の数ほどあって
バックテストフォワードテストとして示し
PF D/D は MT4では必ず明記してあるし
エクイティカーブももちろん 負けなし!との表示もある。
体験者の助言などもあって
ついクリックしてしまうような そそる セールストークは
枚挙にいとまがない。
設定は ある程度 メカニカル要素があるので
メカニックアレルギーの人には難しいし
きっと高齢者では 設定はできないかもしれないなと思う。
それで 利益ができるものは きっとあると思うが
出たら 終いということも 多いと思うので 十分にデモをして
本玉を 仕込むのがよかろう。
もう今週で7月も終わる。
米国のデフォルト回避が取りざたされる週で FXは目が離せない
トレーダーが多いだろう。
デフォルト発言にゆれる 暑い夏である。
////////

デフォルト問題の行方

国家債務不履行(デフォルト)の話が為替市場では
とびかっている、 ギリシャ イタリア・・・・
米国の経済問題など・・・
ここ昨今のFXは本当に 右往左往 いや 上往下往
していて 方向が 今日明日で 全く違っていたりする。
国家の債務の問題は 個人では何もできないが
投資家の防衛としては 
FXの投資行動は 選択できるが、
デフォルトで あっちへ ふらふら はいつ止まるか。
早く収束してほしい。
国債や社債の利払いが遅れたり、
元本の償還が不能になったりすること。
アルゼンチンは01年12月、対外債務支払いの
一時停止を宣言し、デフォルト状態に陥った。
日本では、総額約1900億円の円建て
外債(サムライ債)を購入した個人や公益団体が、
損失を被った。
以下
「FXスワップ派サラリーマンのまったり資産運用」Webサイトより
抜粋出典。
1.ロシア
ロシアでは1997年のアジア金融危機の余波を受けて財政が悪化、
1998年に対外債務の支払い停止(モラトリアム)を行い、
ロシア国債はデフォルトしました。
その後、年率7,000%ものハイパーインフレを経験し、
新1ルーブル=旧1000ルーブルとするデノミ
(通貨の呼称単位切り下げ)を行っています。
しかし、10年も経たない2007年~2008年現在
、原油高も手伝って、産油国である
ロシアの経済は順調に回復しています。
2.アルゼンチン
アルゼンチンの場合、輸出不振から極度の経済不振に陥り、
2001年にアルゼンチン政府はデフォルト宣言を行いました。
その後、年率40%のインフレが進行する中、預金封鎖を行い、
小額の生活資金を除き銀行から引き出せない措置を取りました。
3.日本(太平洋戦争直後)
太平洋戦争時には、戦費調達に困った日本政府が、
国債の日銀引受けを大量に行った結果、
1945年に戦争が終わった直後から、
日本経済は猛烈なインフレになりました。
日本の場合はデフォルト宣言はしていませんが、
インフレ沈静化の目的で預金封鎖
(金融緊急措置令と日本銀行券預入令)を行っています。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

70万を3億とは!?

という記事やセミナーなどをされているという
投資家の 案内をラジオで聞きました。
その考え方や投資スタイルなどを本にし
セミナーをし 
リアル投資 リアルセミナーを開いて大人気という成功であろう。
商品、不動産、株などで運用しているとも・・
70万を1年で 3億というのは 何パーセントの%益かといえば
428.5% である。
70万をどう運用したかが 本に詳細が
書いてあることだろが
いずれにしても レバレッジを使う、安く仕入れ 高く売る。
これ しかないのである。
誰しもできることはない  マネができないだろうなと思う、
きっと。
できれば 皆 裕福になる 国の財政もきっと破綻しない。
///////

夢の投資生活とは。

トレードをする人は 当初何を思うのだろうか?
1.サイドビジネスとしての投資?
2.本業としての投資?
3.遊び? これはないか。
だいたいの場合、会社員をやっていて もらった月給や賞与を
少し貯蓄をして 株式で運用しようとか ~ スタートする。
私は そうだった。 ~ つまり 1.
普通のスタイルだ。
この場合
始終 ついて売買できる時間は かぎられるので
スイング~長期、または 夜の投資活動となる。
上手くいけば これはもしかして コレで喰っていけるのでは~
と思ったりするものである。
または 数十万円ぐらいの 投資を億円に化けさせられないか!?
などと考えることもあろう。
街の本屋で  投資で大成功した人の本をみて
その ノウハウを 早速やってみることもあるだろう。
しかしながら、これで 上手くいけば皆億万長者になるはずで
ミソの 賞味期限切れ または 理解不足であったり
環境が違ったりで なかなか うまくいかないものだろう。
セミナーに通いながら勉強をするようになったら
もう かなり トレードに浸かってしまったといえよう。
勝った経験よりも 負けた経験の方が記憶が
強いので それを克服しようとする。
人間的であるし 普通だと思う。
投資のお金よりも 勉強代金の方が
上回ってしたりするものだ。
これらの行動は 
結構誰しも経験があることだろうし
いつかは  「投資で暮らしていけるように」 
なれれば リストラも関係ないし、 
好きな時間に好きなだけ運用して いきたいと思うはず。
これを 追求することは 勝ち組トレーダーとなることを意味するが
証券会社 ヘッジファンドの プロたちと同じ 立場になることをも
意味する。
つまり プロになるということだ。
職人的なプロと名の つく人の行いは その道の 
すいも甘いも 極めた人で かつ オリジナリティを 
もってればいるほど 他をよせつけない。
私のような 一般投資家としての 研究したり分析したりして
いる者からみたら 洗練された環境の中で育ったプロには
きっと勝てないので 勝ち組にギリギリ入れるオリジナリティ
のある 投資スタイル つけられれば 御の字。
それを 身に着けられれば ある程度 
夢の~~ までいかなくても 投資生活ができる可能性は高い。
2.本業としての投資になるだろう。
///////////////

累積損益を見ない。

トレードの行動心理的なことをいつも書いているが
私の場合は より安定した精神状態をもってして
利をのせるために、
預託金額や 損益バランスは 画面から隠している。
なぜならば 人は利が出ると 欲がでるし
損をすると 損をしないようにという行動に出てしまう
ものだ 弱い。
これは 損益バランスをみることで揺れるものだ。
すべての トレードを今日は やめよう いう時にはじめて
バランスをみる。 あるいは 数日後に見ることもある。
では、
「山のように損をしていたら どうする?」
それは ありえない。
なぜならば 勝てる確率の高い売買をできる
信念が あるからだ。
もちろん
これがないのに そもそも トレードをしているとすれば
マーケットにお金を くれてやることになる。
あなたは 勝つ確率が高い売買の信念を
もって トレードをしていますか?
預託残高や 累積損益をみないで トレードできますか。
//////////////////////

米系銀の瞬間円売りに思う。

14:30ごろの数分の円安には皆驚いたと思う。
シドニー時間の投機的な円高も同じくだが
日本市場真っ只中での 円安である。
瞬間 1円程度の値動きは ストップを誘うだろう。
買いながら 利食い 売りながら利食い などと
やられている可能性もある。
こういった人為的な値動きは全く困ったものである。
昨今 ムーデ~ズにしても FRBにしても 
外銀の仕掛けにしても なんとなくきな臭いなあ。
大玉をもって して 情報管理までされたら
・・とかんぐってしまう。
富をもつものは 益々富み の摂理になる。
個人投資家はそれでも 
冷静にトレードできる対策が 重要だ。
///////////

何もいらない。自然体トレード。

毎日勝ちつづけられるか。
NO!でも・・・可能性はあるかもしれない。
退屈な作業をこなすことだと思う。
マーケットは揺れるが 自分は揺れないで
売買するという作業。
ネットサーフィンという言葉は すでに 死語だけれど
マーケットサーフィンをする価格の波に 乗り 
ひたすら 売買と決済をする それが トレードであろうか。
他に 何もいらない。
エンジュクで 沢山沢山 勉強したら (笑)~
一旦すべて 捨て去って、 
自然体でトレードをするだけで + を勝ちを生み出だせる。
ということの 生き証人になりたいものだ。
90%以上の確率で 勝ち数をつみあげて
いくことに挑戦していきたい。 
未だ 公開できないのは
自然体のトレードをするということが
決まった法則がなく ファジーであるようで
数字ではないからだ。
決まった法則や数字で表せるものは 
システムトレードだが これは散々やった。
今の トレードは
知識と知恵と感性それに性格がからみあってのトレードであるから 
どうやって教えたらいいのかと思いあぐねる・・・。
個々のトレーダーにとっては 無から有を生み出せる
世の中の生み出した 取引が トレードだが
上手利用すれば 現代の生きてゆく糧になることは間違いはない。
論理的指向の方には 申し訳ない 内容です。
/////////

魔のシドニー時間

今日のNYが引けての今日の早朝に
投機的な仕掛けでドル円が 78.4 
付近に急落した。
薄いボリュームの中の仕掛けがあったかもしれないとの報。
ロングで大きなPOSをもっていたら STOPが発動し
個人投資家は 面食らっただろう。
朝起きたら POSゼロで 損だけが出ているといった具合。
揺れるマーケットでは  トレーダーとしてはウエルカムだが
今の国際的な金融状況は安定でなく かなり不安定である。
ターゲットにされる巨大通貨である
USD系 EUR系 JPY (+人民元) が ぐるぐるまわって
為替市場が 上下している。
そして 魔のシドニー時間 は 虚をつかれる難しい時間帯。
POSのストップロス発動で 損を出して逃げるか
預託資金を数十倍積んで 免れてPOS保持するか
トレードの スタイルによって かわる。
/////////