介入!

ブログを書いた矢先。介入!だった。
この間もそうだったけれど 売り方投機筋は投げざる得ない。
私としても ここからは 利食い探しである。

超円高の名ゼリフは断固断固。

円高における口先介入で ジワジワ下げを促して
スイスのような 実行はないわが国。
株価がすでに為替に敏感でないのも介入の後押しが
ないのか それとも 円高賛成を政府は実は歓迎して
いるのか。
森永卓郎曰く 政府は米国のポチで
オバマ政権の 円高の歓迎をそのまま実行していて
国民向けには 円高阻止といって いると先日どこかの
記事で観た。
ただでさえ 就職氷河 難民で 日本人の労働力が
国内でなくなっている現在このままでは
海外に移転しないと やっていけいない輸出企業群は
日本にいなくなり さらに 就職できない未来がまって
いて お金持ち と 庶民の乖離はさらに 広がるとの
話だった。
円高は 円の資金供給が世界的に他通貨と比べて
少ないのだから ダイナミックな金融緩和をすれば
数日で 100円を突破できるだろうとも。
財務省の セリフは
 管政権の時は  注視 
 今は        断固
 もっと直近は  断固X2に変ったが
 スイスは 突然に なにもいわず 実行し 今は
 安定している。
 次は 断固から どんな言葉がでるか  
 断固断固 見極めたい。
/////////////////////////////////////////////

円高容認は いつまで続く・・

日本当局の 円高容認は いつまで続く・・のか
熱しやすくさめやすいとはいえ
ニューストップでの 円高が 昨今 潜めている。
あのとき 超円高! ということは もうみかけない。
こうなると 当局は きっと なにもしないだろうが、
下期 為替に影響を受ける企業の決算などが 悪い
可能性もあろう。
75円入りは 潜在的な円売り介入の 意識で
ガードされているかに思う。
いつまで といいたくなる。
一角