来るなら来い・・・という心理。

来るなら来い! 
という投機の心理状態になる時がありませんか。
これには 実際には2つの 場面がある思う。
1、 POSITIONをもっていて予測通りになっていて自信があるとき。
2、 POSITIONをもっていて予測と逆になっている時。
1の 自分の予測どおりという時は 資金的に充足しており精神は安定状態
なのでミスは少ないでしょうし、勝ってゆく可能性も大でしょう。
2の 状態ですが 
この場合はさらに 2つの ことが考えられると思います。
A.資金が少ないが マージンコールまではいかないだろう、
  予測と外れたが、ここが踏ん張りどころと 思っている。
=>この場合は 心理的には 太平洋戦争末期の日本のように
   物資がないのに 根性で勝つ的な 精神もみえかくれするので
   負ける可能性がある。 マージンコール際にあわてて損ぎりすれば
   落胆も大きいので、後の副作用もあろう。
B.資金は何十倍もある。 マージンコールがついても預託は全く
  もって問題なし。 精神的に安定している状態。
=>この場合は、1に近い心理状態は安定しているので勝つ可能性大。
   時間的余裕があえば 復元してくるまで待てるだろう。
   また 資金力で別の投資でイーブンへもっていけるという安心感もある。
   
来るなら来い!という 感情というか 心理状態について
私は 心の安定は
投機や投資の勝敗を決める重要な要素と思っている。
//////////

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する