雇用統計発表をギャンブルにしない。

雇用統計情報を情報メディアは、
その 指標の上下を 報道しながら
マーケットを解説している。
上手くいった人 まずった人の話しなどをコメント
している、これは 視聴する側としては
おもしろいが 負けている人は 顔を青ざめている人も
いるだろう。
メディアは予想しても責任はとらないが
自己玉をもっている 投資家は 悲喜こもごもなのだ。
ADPがよかったけれど 雇用統計は大きくマイナス!
個人投資家が経済に興味を持ち 教養をもつのは
いいけれど 米国指標の 指標の結果が 
自信のPOSの損益に大きな影響を与えるような
投資をしてはいけない。
丁半ばくちになりやすいのが 大きな発表の前である。
なくなってもいい お金を 遊びでやるのであればいいが
それは投資ではない 
行為は同じでも その理念が 
投資 なのか ギャンブルなのか、
これを 明確にしておかないと
自分が 投資をしているのか ギャンブルをしているのか
マヒして 
これもあれも 投資のいっかんだと 思ってしまうものだ。
最近の BOなどもギャンブル性が強い。
丁半ばくちになりやすいだろう。
理念をもった トレーダーであれ! と
自らも自戒しておきたい。
//////

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する