ポンドがEURに参加すれば少しは。

GXXを開催しようが 何を言おうが 今の為替市場の
傾向は ユーロの崩壊 ドルの不安 中国人民元の沈黙
となれば 円買いという構図のままで
スイスフランは 一抜けた! と 制限つけてこれ以上になたっら
わき見も降らず フランを安定させるぞという為替市場への
挑戦をして フラン買いを阻止したけれども
日本は 駄目。
口先介入、なんちゃて介入の失敗、
昨今では 円高を利用して・・・ などと悠長なことを
言っている 
そういう政策提案と執行はもっと前に 建設的な長期計画するもの。
今のように火を噴いているときに打ち出すことではなかろう。
現に市場は見向きもしない、嵐の中で言っても 効果はない。
古川さん。
中長期的に そういった国に変身をするのであって
以前バブルのとき、円高になって 海外資産を
購入しまくって 日本のイメージが悪くなったことがあるハズ。 
これだって 円高利用の 買収だったはずだ。
スイス流に
 ドル円80円を下限としてそれを 下回るときは
 どんなことをしてでも 外貨を当時死守するなどと
 やれば 直ぐにでも ドル円高は 解消するだろう。
できれば の話だが。
為替に敏感な製造業 は 円安の安定を待つしかない。
強いドルの復権の指標かFRBの動き、 
介入しかないだろうと 思っているかもしれぬ。
ユーロは もうどうしようもないのではないか。
ギリシャが 堕落しても
GBPが EURに参加するようになれば 
EURは安定するだろうなとも思う。
//////////////////////////////////

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する