クリスマス休暇明け。

昨夜から今日まで
欧州市場がいっせいに ユーロ売りに傾き
円ユーロは101円前半になり、ポンドも同じ方向をむいた。
ドル円は静かで ほぼレンジ的な動きである。
欧州勢がEURO圏のディラー達であろうが
同じ地域で ユーロ売りとも面白いが
米国での経済指標が良いのと裏腹であるため
ドル買いユーロ売りも誘発しやすい。
いくら ユーロが弱いといっても
投機筋は売るだけ売ったと思たっらショートカバーで
逆襲が ごとくやってくるので ボラを大きくしながら
・・・どんぶらこ と 相場を揺らしてくるようにも思う。
一辺倒のユーロ売りも考えにくい。
とにかく年末ではなく 2012年相場入りのFXは間違いはない。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する