日経平均が+-ゼロになれば。

日経株式は下げているが
個人的には  
すでに 新しい時代を迎える経済において
冷水だが 上昇基調は変っていないと信じたい。
ドル円についていえば 円安歓迎基調であれば
日本勢が 東京時間帯に 円安を仕掛けても いいのだが
奇しくも 東京時間に円高になっているのは 
何事か! という感じも否めない。
ただし、明日の (米) 失業率の発表もあるが
きっと 乗り越えていき 来週は上げるとみている。
今日の後場に 日経平均が+- ゼロになれば
今夜の欧州~NYも 上げる可能性も高く、
世界的に金融緩和であると考えれば 投資意欲は高く
今 どこに投資しようか と考えれば
東北需要の日本、円安傾向の日本経済であると考える。
/////////

ユーロ安、豪ドル安、クロス円高。

1昨日の豪・円86.7円ぐらいの高騰劇から 
一挙に、84円20ぐらいへの 2円50の急落!
これには オドロキだ。
その後 追随売りのように スペインなどの情報も悪く
ユーロを巻き込んで 推移し指標の悪さなどを反映し
流動性の少なさをバックに 豪ドルだけでなく
ユーロ円 はすでに 107円を具現して
おり 日経平均 は 大幅な 調整をしている。
ロングPOSの投資家は 木っ端微塵の 急落だ。
笑っていられないが、大多数が弱気になった今。
もし人の行く道とは違う道をゆくとすれば ユーロ買
豪ドル買なのか。
今のような大きな変化は大きな 損と益が大きい。
ショートカバーにもつながる。
さらに もしかしたらBOJの追加緩和のリップロールも
あるかもしれない。
なぜなら せっかく1万円を回復した日経の 腰をあくまで
折りたくない 下げ基調にしたくないと考えるのが人の常だからだ。
///////////////////////////

NY時間後半、急激に円が売られた。

ドル円・クロス円は一段高の展開になった。
途中までみていたが 82.50を指したので 当面の円高修正は
終わったなあ と思っていったらみるみる 上がっていった。
ドル円は82.87円、ユーロ円は110.45円、
ポンド円は131.52円まで上値を伸ばした。
4月2日からは このおかげで株は上昇する。
また これが契機になれば 
83円台を復活するだろうことは 誰が考えても分かる。
しかし 昨今の為替変動はプロのトレーダーでも難しいという。
——————————————————————————–
しかし どうして利益が出るのかこの1年自分でも
わからない 3月末でいったん締める
年率161%で 終了。一角流投資スタイル。
201203.JPG
緑は年率100%ライン。
//////////////////////////////////////////////////////