円独歩高、暴落の株式市場にダンマリ。

ユーロ円 97.50 ドル円 78.80 AUD円 76.50
ギリシャ スペイン イタリア???
皆100円以下、こうなったら 海外主要企業を全部買ってしまえ!
といわんばかりの 円独歩高で
大手製造企業の 国内操業がますます困難になり=>失業率は悪化する
=> 製造業が小さくなるが 軽サービス業は増えるが
日本をひっぱるだけの パワーはないので
やっぱり 経済悪化は 否めない。
政府は 経済対策に 沈黙。
 ユーロ問題への 責任をかぶせ 何の日本としての
 施策もみせない どうすんのよ= という相場です。
 
 「何もできない のだ)」
 「にっちもさっちもできない のだ」
と皮肉もでる 野田政権である。

ついに 円ユーロ100円割れ!

やあ ここまで ユーロ円高になるとは。
99円60銭台である。
ギリシャがささっと 離脱 あるいはすでに 離脱折込為替相場か
クラシュ前か。 
どうにも ユーロ円高は スピードが速すぎる。
まあ ファンド筋 投機筋も いまこそと 売りたてているのだろうが
これに くわえ いっこうに 政府は 無音である。
最近では リップサービスもなく 世界の投機筋のおもうままになっている
無策どころか 日本の経済の影響 => 株価は未来を表すので
今の秋の 企業決算が 心配になる。
また 景気が冷え込んでいかないために金融政策がいまこそ大切だ。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

駄目だこりゃ。

BOJのリップサービスもなく
日経はまた安値をトライしそうだ。円高も 放置。
こりゃ金融面での支援がない状態のままだ。
15:50に総裁の記者会見はあるが期待薄。
ユーロに右往左往しないというのも1つだが
政府もBOJも 日本はがんばるぞ! 
という気概さえみえない。
ドリフではないが「駄目だこりゃ」。
////

ギリシャ・ショック???

ここまで 日経平均が下げるともはや
「ギリシャ ショック」 とでもいうしかない。
日本株式が ギリシャに依存していないのにも
かかわらず 連想株安でどんどん下げている。
日本政府からのコメントもなく
ETFの出動も観測されていないともいわれているので
手放し 下落を 黙視しているというのが 現状だろう。
1万円をこえて 今年の株式の上値や景気回復に期待していたが
この市場の荒れ模様は 登山下りへ。
日経平均の 日足は 2月半ばからの
ヘッドアンドショルダー 通りである。
円は ドル円 80円半ばだが ユーロ円は円高進行。
いいかげん 小さなギリシャを ほっておく姿勢になれば
回復も早いのにと思う。
といっても またスペインやイタリアに飛び火するのだろうが。
//////
 

ユーロがどうした!?

日経や円は 
ユーロ圏に 依存しているとは到底思えないのに
この超下落はいったいなんだと 思う。
もうじき 日経は 1000円を短期間で下げることになっていまう。
民主党政権の 世界経済の中での
 舵取りは 皆無に  近い。
円の防衛に期待した1ヶ月前は ワイノワイノと
評論家がこぞって 日銀をたたえたが
今や 息を潜め なるがまま に 放置している。
トヨタが1兆円の利益をだしても 株は動かず。
円も 79.50台。
84円が遠くにかすむ。 
さあ 今年の 今が 押し目!! であることを祈る。
一角

未だに小沢問題で経済は蚊帳の外?

ここまで日経が下げると想像していなかった。
暴落に近い昨今の日経である、
NYダウは13000ドルをこえての 過熱と
欧州問題での下落は 当然といえるが
日経の下落は 先陣を切っての 暴落であるが
それに対しての 日本政府は 全くのなしのつぶてである。
日銀の金融緩和で 円安がはじまり
4月の日銀の金融緩和でで 日経の下落がはじまった
そして今や 79円台である。
未だ 民主党の小沢が云々とうちわ騒動をやっている
政府は 今の 世界の動きだけで  景気の腰をおり
元の木阿弥になる。
なんとかせい! といいたい。
もう一度 日銀の金融緩和をでかくやってムードを
払拭してほしいものだ。
あるいは 政府から世界にたいしての メッセージを
しないと8000円台に突入する。