情報伝達スピードの平準化。

77円台に なる前に書いた前回の ブログは
正解だったようだ。
ここからは、ギリシャ次第 米国次第といったところだが。
現在 国会開催中であるが
日本政府の景気対策 復興対策をはじめ
消費税の問題も 円に波及する。
最近どこかのFXブロカーさんのネットなどの解説や
ネットラジオなどに出てくる 一流FXディーラーさんの
コメントを聞いている けれど
ことごとく いい加減で 予測がほぼ 素人でも分かる
情報をしゃべっていたりする。
それでいて 予測がハズレるのだ。
こりゃ駄目だ~ってことになる。
それほど 予測が難しい昨今なのだろう。
私の場合は ハズレる確率が低いのだけれど、
いったい何が違うのだろうか。
それは 情報もあるだろうけれど
チャートの流れや 時間枠 それに 投資額、そして昨今の
世界情勢など 
特にFXの 投資家は いろんな 複合的な 立場で 勝敗を分けるので
単に テクニカル指標だけでは 難しいのである。
さて、
昔はネットなどもなく 情報の価値が高かったが
今や 一般の人も 同じレベルにあるので
テレビラジオ メディアの情報は少し遅れていたりするので
よほど 情報の近くにいる人がはなさないと
陳腐な情報を 聞かされることになる・・・・
さっき聞いたニュースをまた 話しているねえ~
といったことになる。
新鮮な情報が投資には必要だ。
だから 情報発信メディアに いる人は 
この先も 世界中にアンテナをはって 
澄ましていないと 一般の人と同じになって しまう。
///////////////////////////////////

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する