BOJの緩和期待で。

金融政策決定会合で追加の金融緩和に踏み切る方向で検討。
という
ニュースで円安に触れ、株はあがっている。
また スペインの債務問題懸念の後退もあろう。
こういったニュースは為替が動意づくきっかけとなり、投機が直ぐ動く。
ただ結果がでてこないので 執行までは 
思惑相場であるため 発言によっては大きくブレる。
ドル円でいえば
執行で期待と 違うと 大きくUターンしてくる
期待と同じでも Uターンする。
まさかの  期待以上で 現状維持といった相場展開は
これまで イヤというほどみてきている。
為替相場はマクロ的には大変重要なマーケットだが
目先は 思惑マーケットであるので 投機的になりやすい。
注意してかかりたい。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する