円安傾向なのか?

BOJの追加緩和以降、政権の交代期待や米国のオバマ継続、
さらにユーロ圏の暗雲一休みなどなどで 円安傾向が数週間
つづき 株式も年末にむけて上昇している。
ユーロ円はあいかわらず激しく動いた。
このまま続くかということだが、選挙までは国内的には現状態が
続くのではないだろうか、なだらかに円安へのロングポジション
強いので 急落はイランがペルシャ湾を封鎖などの大事件が
ないかぎりなのではないかと 私は考えている。
株も吹けば1万への勢いがつきやすいといえる。
どちらのしても 選挙までのトレンドでその後の為替や株式は
来年へのビジョンが 国政にみえてこないと動きが取れない。
少なくとも 輸出入での中国市場とユーロ市場が回復の兆候が
でてこなければ 停滞は余儀なくされよう。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する