225シミュレーション。

数年前に 作った 日経225シミュレーション。
自分の裁量トレードの訓練のためにつくりました。
(どこにも売っていません)
よく つくったものだ 今となっては 感心する。
マクロをみればわかるのだけれど 結構プログラミング要素がいる。
人というのは たくましいもので こういうものも エネルギーを傾けると
ガツンと できてしまいます。
225の解説をしています。
よかったら みてください。 イントラデイ の解説をしています。
以下↓URL。

http://www.trend-eye.com/ti-sample/225-0-090106/225-0-090106.html

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FX。シンプルに考え執行する。

ユーロ危機が定まらないと なかなか USD/JPY も 上昇気流にのれない、
逆風も あり  支え=強気もいる というが 今のマーケット。
出動回数 通算 13日 トレードの明細数は162回 2/28~3/28 実績。
ゆっくりのんびりと 仕掛け 決済 するという ストレスのない裁量。
勝率は 76% PF=1.92 MaxDrowDown 預託対して 8%~9%
というような 取引であれば そんなに難しいことではありません。
深く考えず 何らかの売買技術などにとらわれないでも
シンプルな MAだけで 実現できるものです。
トレードで重要なマインドセット と MA あるいはMACDで 
エクイティ追求できるようになりましょう。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

負けない投資スタイルの作り方

とういうのは ありえない。
負けることを軽減する投資スタイルをつくることはできる。
評価損が 決めた限度をこえたら 頑固は無用
評価益が 決めた益を こえたら キャシュオンデスク。
これだけだ。
これだけでも 負けにくい投資スタイルになる。
評価損を もちつづけると 破綻し、
評価益を もちつづけると 
場合によっては金銭欲がでてくる
何かとマインドセットは重要なファクター。
こういうことは 売買技術でなく 腹の分野。

ユーロ危機に対峙すること。

キプロスの報道で大きく下げたり上げたりといった振幅になると
トレードは 大変 難しいといえる。
特に短期と成ると 往復びんたにもなりかねない。
今日は爆上げでも 明日は爆下げでは 精神衛生上もよくなりハズだ。
そんな 時はやっぱり サヤ取り売買がよいだろう。
//////

浮かれ相場に気をつけましょう!

今は NYダウ と アベノブームで イケイケ。
先日 某出版社さんの講演で話したことがやっぱり 具現化して
ユーロ危機 再燃などの 弱い情報にはとたんに冴えない。
浮かれ相場感の強い 流れだけに ロングポジションだけは
気をつけましょう。
一角