1週間もたたないうちに。

ドル円 101円だといっていたのが22日であるので
まだ1Wもたっていないのにはオドロキのペースでドルが上伸している。
今は 102円のチャレンジをという 評論がそこらじゅうにある。
円高で叩かれ叩かれのし場環境とマ逆の状態である
いつまで続くか。  誰もわからない=あたりまえです。
このブログを読んでいる読者も きっとそれを知りたくて
参考にといろんな情報を ネットやメディアで取得しているに違いないと
思います。しかしこの数週間の 為替の状況は 
どの分析家も 円安の上伸へのバリヤーを次々に打ち破ってきているため
評論的には 建て玉の ネックをみる以外になくなって、
今時点では102円や102.5にオプションバリヤーがあるぞといったことや下値の
最短は101.50だという以外ありません。
ここまでくると トレードスキルとしては 
私流の変動感覚とでもいいましょうか 値動きの巾と現在のトレンドの勢いを 
感じる能力が 一番必要であろうと思っています。 
なんだか 非科学的な文面ですが、 トレードは科学 という
分析的な 側面と 人気やウワサなどの 人間的な側面 の両面があるため 
前者を優先しすぎても、後者を優先しすぎても上手くいかないのです。
この2つの 部分を 自分の中で感じ取り トレードをできるスキルを
磨くことが 永続的に投資で利益をあげられるという結果になるように
私は 考えています。 
これを教えるとなる指南の技です。
私が トレードをしているまさにそのタイミングで
生徒が同じようにするといった方法になる これは とても 難しいものです。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する