大きくゆれた為替

米GDP統計の発表受けてドル円は99円半ばまで円安へ。
予想を上回る前期比2.8%増となり、1年ぶりの高水準を記録したのです。
つまり強いドル買いです。
しかし 市場のコンセンサスは 控えている
雇用統計待ちで戻されて 再び98円台へ、1時間の間に
大きな振幅となっています。
それでも 98円を割ることは考えにくいのですが
一方で NYダウの高値警戒で それにあやつられる格好です。
ただし 冷静な市場の流れを見れば
GDP発表の前あたりの水準へまずは 
戻してもおかしくないと思うのだが。