ロング一辺倒だが。

今や軒並み クロス円も含め 円安祭りである。
手がつけられないほどの 円安傾向は サンクスギビングの流動性のない
隙間を縫って仕掛けられている。が、細い玉で上昇しているということは
下げ始めるとまたきついかもしれない。世界の為替ディーラーはホリデイ
いえどみているので、買った玉を決済しはじめると少し急激な軟化もある
ので要注意だ。 変動幅も大きい 
上げ方向でも 下げ方向でも 
上げて下げての繰り返しが価格である。
さて、 人の行く道の裏に 花があるかどうか。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する