どこまでも勝てないが。これぐらいは。

どこまでの勝てないが これぐらいは出来るものだ。
海外から帰って久しく9月から
為替のトレードを開始している。
こんなことを言うとおこられるかもしれないが
トレードを本業としているわけではなくあくまでセカンドJOB。
他に本業も忙しいこともあるので 全く コーヒーを飲むような
感覚でのトレードである。
現在は スマホが発達しており パソコンで売買などは昨今
やったことがない。
サラリーマンであれば 家に帰ってから や ランチタイムに
実行しているというやり方だが、私の場合はトレンド分析を
スマホからのチャートをみて 値動きと ニュースなどをみて
瞬時に方向性を考えて 売買執行。
できれだけその日中に執行手仕舞いしてしまう。
為替は24Hやっているので 起きてから寝るまでには・・という
具合である。
たまにオーバーナイト ながくても2日寝かせることもあるけれども
あまり多くの利を望ずほどほどでやめておくを 鉄則にしている。
日次100連勝をしてから ブログに書いたほうが日頃私が書いている
トレードのマインドセットのことや考え方に重みが多少出るかと
と思いながらいたら・・ 昨日 1敗してしまった。
投資行為に 勝ちとか負けとか ちょっと下品だが
英語でも WIN%とかいったりするので 仕方が無いかとも思う。
なので 9月から執行日ベースで31連勝してきて 昨日1敗してしまった。
さらにいえば日ベースより細かいレベルで有に100回以上は
細かく言えばトレードを回転しているので 
そういう意味では 100連勝などは とっくにしている。
今日は勝なのでまた 日次連勝振出しが 1に 戻ってしまった。
海外から帰って 元金1 に対し 約18倍の 利を積み上げてきた。
よく 9勝しても 最後の1敗で全部 利を 飛ばすという人もいるが
それは ない。 
なぜならば むちゃな資本投下をしないからだ。
元金 10あって 投下は そのうち 多くて2程度 それ以上はしない。
普通はもっと少ない。
そして
 「利が少なくても 小さく回転」
をさせるスタイルだ。
システムトレードというのも有効であるし 私はその論者でもあるが
昨今 スマホのおかげで 裁量がほとんどの FXにシフトしてきた。
優秀なシステムトレードプログラムを 打ち負かそう! なのだ。
もちろん 人間の場合
大きな変動の時 始終見ていると手を出したくなるので 
たとえば 今日は ●●円以上 利が出たらやめようというような
ルールは設けておくこと。
ほどほどに 値動きに動揺せず 全精神エネルギーと 
資本は 投下しないように。
さて12月入りだ 過熱気味の株式市場や 円安はどこまで・・・

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する