荒い展開

AUDのGDPの予想値と発表が下方であったため
大きくAUDは売られ 結局円が買われて 発表前と1円の下げ。
全体的には反発局面の円であったものに水をさされ
すべて円高へ触れ 日経は400円ほどの下げ。
高原地帯の岩山では 少しの乱れは命取りとなる 崩落 急落
を秘めて 山を渡るものだ。 この先に山があると 数日前
こぞって 言われている中での 怪我であろう。
ユーロ円は 対円で140円をこすと 円安懸念がユーロ諸国から
でてくるだろうと ウワサされてもいた。
現在139.10 ユーロ円だ。 円は 102.30付近で踏ん張って
いるので 後場に 日経が買い戻されて 下げ幅を100円台に
してくれば 102.50~まで 反発もあろう。
ユーロ円は 敏感なので 139.50までは行くかどうか。
AUDは まずは AUD円は 93円復活できれば幸いであろう。
後はNY指標にすべて為替は依存する、事前予想では いい指標
つまり、米経済回復期待 という思惑で 
今晩にかけて また円安と流れが復活するということも十分考えられる。 
よかったばあい・・・ やっぱりよかったとして 円高か
          ・・・ これならいけると 円安か
これは わからない。
ただ この数日での1円の少々のドル円が調整完了したことを
確認すると また すべてのメディアが ワイノワイの騒ぎ出す。
浮世の騒ぎは 忙しいのである。