ドル円の方向性は。

如何に、小生の考えだけでいえば、
やはり円安は継続していくだが、
多くのコメンテーターはこれまた千差万別。
このあいだ101円になった最近、
このまま97円へというコメントがあったかと思うと 
その1週間前には 105円を目指す!
というものまであって まあ結果的に為替や株式分析をして
コメントをする先生方も 
ある意味 ああいえば こういうし こういえば ああいう という
理論武装が あるため 何をいってもよかろう ということになる。
それだけ マーケットの動きは難しく、まるで人の心のように動く。
静かなときもあれば 落ちていくナイフのように突き刺さるまで下降する
ときもある。 鯉の滝登りのように 浮上することさえ あるものだ。
予想は よそう ~
という言いぐさは 数十年前から言われているが
国の金融政策は円安誘導 緩和であることは ゆるぎない事実であろう。
だから 個人的には(これも逃げ口実であろうが)
大きな紛争 金融破たんが
おこならなければ・・円安方向はゆるぎないと考えている。
再度105円をゆるやかに目指す。
102.46をこえれば 日足の高値を徐々に切り上げる。
日足の安値を切り上げる。
これがかわらないうちは 円安だと。