為替安定状態。

よく政府は 為替の安定がなにより!
と 急激な円高になっていた時代にコメントしていたが、
ドル円に限っては ほとんど 安定している 動かぬ
といった方が良いだろう。
スワップ金利でさえも旨みのない通貨である。

円を中心に考えた場合 大きな変動をもつのは
EUR、GBP、AUD、など大きく変動するのでFX
取引では効果的だ、しかしながら 大きなボラのものは
取引で リスクが反面あるということを認識しないと
とたんに やられる。

その意味では ドル円は あまり大きくない静かな
ボラのうちであれば 大きなリスクがないので
中長期向きといえる。
レンジ取引で 短期で損きりを
おいきながら上下でとるという策もよかろう。

しかし 動かぬ。