アマか、プロの予想か?

皆さんはアマチュアか プロですか?
エンジュクセミナー講師陣や 投資の学習書籍出版で有名な
パンロ-リングは プロまたは プロに近い
あるいは プロ的な 分析ができるチュターが沢山いる。

プロフェッショナルとは= その分野で生計を立てていることを言い、
「公言する」というのが語源である。
アマチュアとは 和語では素人(しろうと)ともいう。
まあ 日本語的に 素人というと 駆けだしとか 趣味レベル
というイメージもあるので アマチュアと言った方が 
レベルが高いイメージがある。

さて
私は商品の分析をはじめて日経やTOPIX、昨今は為替と歩いて
きているのだけれど マーケットを地球に おきかえて言えば

商品は大地
株式は海
債権は山
為替は風

といいう イメージがある。

為替は 一番 敏感に反応し動く
すぐに 風向きがかわり 台風になることもあれば そよ風にもなるのである。
また 場所場所(通貨によって) 風向きが違うというものだ。

本題。

プロと呼ばれるマーケット分析家 と
アマの分析家 がたてた 取り組み方針 
たとえば この先上昇? 下降? はどちらが 
正しく判断するだろうかということだ。
私の判断では ほとんど同じであろうと思う。
現代のような 情報量が満ち溢れている時代、以前であれば 
金利情報 海外のタイムリーな情報を 仕入れることに
しのぎをけずり 過去データを大量に仕入れ
それに 多額な資金を投じたり 生の情報網をもっているとか
がプロの特権であっただろう。 しかし今は ほぼ同列に近い状態で 
同じ 見識をもてるためだ。極秘の情報は ほとんどないといっていい。
そのため 予測は プロ10人 アマ10人 軍配は五分五分の
可能性が高い。 分析に関してだが。

次に  プロ実践投資家 と 机上投資家では どうか
アマ実践投資家 と 机上投資家では どうだろう。
こうなると かなりの 違いがでてくる。

実践 と 机上 では 
投資スキル= 技術、心構え=精神力、資金力、時間、実行力。
これらが 多大に 影響してくるものだ。 

この続きは 次々回に。

////

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する