誰でもわかることを書く。

辛口コメント。
ファンダメンタルズ テクニカル はたまた
アノマリー(英語:Anomaly)に基づいた法則・理論をもってして
トレードをしたりと 人がするトレードは本当に多種多様だ。

私は トレードはすべての世の中の事象をすべて網羅して
動くのが マーケットだと思っているので、
上記 スタイルは 是でも否でもない。

今 ドル円をみたりすれば 米国の指標発表に右往左往して
上下する 米国債の金利によって ドル円価格が決まるのは
間違いがない。 そして夏場で夏期休暇に入り市場参加者も
少ない。 ユーロ圏の債務の問題や 南米の国の債務問題
さらには イスラエル ガザ地区の紛争や ウクライナ問題
中国の天災  旱魃 の可能性も・・・ 
こんなことは 誰でも情報を仕入れている中で 

このあいだ 1ドル103円をつけたものの
保てなくて 反落、今週はよほど指数がよくなければ
為替はレンジ状態でしょう~~。
そんな ことは誰でも想像つくのである。

為替評論家 アドバイザーは時として
いつも誰でも 察しがつくことを
あたりさわりなく書いて あ~なればこう言うし 
こーなればあ~言う。 風見鶏が多い。

そうでなくて 今のトレード環境であれば 
どういった手法で考え方で 売買するのが一番 
確率的に有効かを書いて欲しいものだ。

じゃあ 一角さんは どうすんのよ!

ランダムウオークが マーケットというもので
分からないとも 言えない。

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する