あちらこちらで、びっくり水

水を差すとは、物事がうまくいっているときに邪魔をする。乱すことを
いうが 先の円に対する報道などは その例であろう。
自由な為替相場の少ない取引の間隙をぬって
水を差さされたということだ。

用例:
「一致団結し順調に進めてきたのに、どうして水を差すような発言をするのだ」

まさに。

よく 蕎麦やうどんなど 麺類を つくる時に水を差す。
これは
釜からふきこぼれそうになるので水を差します。(びっくり水)
そして 次が肝心だ。
再度ふきこぼれそうになったとき、ガスの火を止め、ざるにすくい上げる。
つまり また 元に戻って沸騰するので その時に ざるにとり
水を出しながら荒熱をとります。
そして おいしく 食べる。

そうば 蕎麦 のように 万事こうとは限らないが 
最近 あちこちで 「びっくり水」 が多い。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。