あちらこちらで、びっくり水

水を差すとは、物事がうまくいっているときに邪魔をする。乱すことを
いうが 先の円に対する報道などは その例であろう。
自由な為替相場の少ない取引の間隙をぬって
水を差さされたということだ。

用例:
「一致団結し順調に進めてきたのに、どうして水を差すような発言をするのだ」

まさに。

よく 蕎麦やうどんなど 麺類を つくる時に水を差す。
これは
釜からふきこぼれそうになるので水を差します。(びっくり水)
そして 次が肝心だ。
再度ふきこぼれそうになったとき、ガスの火を止め、ざるにすくい上げる。
つまり また 元に戻って沸騰するので その時に ざるにとり
水を出しながら荒熱をとります。
そして おいしく 食べる。

そうば 蕎麦 のように 万事こうとは限らないが 
最近 あちこちで 「びっくり水」 が多い。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する