中級者からの脱出(2)-チマチマドカン。

チマチマドカン。とは 小利大損のこと。

これは ほとんど人が経験することだが、小さな利益を積み上げ
これでイケルと思っていく。 
そして いずれマーケットの餌食になる。

たとえば1000円という利益を地道に5回10回と得て
いく・・・・・ 自分では 冷静のつもり 才能ありと思うもの。
この 「つもり」は自己判断なので 怪しいものなのだ。

トレードの 精神状態 こうなりがちだ
チマチマドカン!の 一例。

1回目勝  1000円  わ~~よかった!
2回目勝  1000円  おお 上手くいく ラッキーだ<== 自分のスキルでなく他者のおかげと思っている。 
3回目勝  1000円  この調子で いきたいなあ <== まだ 普通の精神状態
4回目勝  1000円  この手法なかなか使えるかも。 <== まだ冷静に判断できている。
5回目勝  1000円  私にはもしかして才能が。これを基本としたい。
6回目勝  1000円  6連勝はそうそうないことだ。イケルかも! <== このあたりから有頂天。
7回目勝  1000円  間違いないな。 連勝更新だ。<== 断定してはいけない。
8回目勝  1000円  これであれば 投資資金を2倍にしようか <== 精神状態はハイ。倍にしてはいけない。
9回目勝  2000円  やっぱり私には才能ありと確信。投資資金5倍に。 <=冷静さはない。
10回目負10000円 損! ああ そんなはずはない。  <=== ここで やめれば 中級者損得なし。 

いえイ さらに 挑戦だ! 以下をしたら 初心者。

11回目負10000円 損・・・ やっぱり私は才能がないのか。 <== 頑固と言う心が輪を掛ける。
12回目負 2000円 損 再度1000円から 歯車が逆転して何をやってもうまくいかず。<= 失意へ。

 都合 12000円の損をした。 失意。

このまま失意で終わればそれで撤退。
反省をして何が悪かったのかを洗い出して出直せばまだいい方。
なにも反省せずにいると 同じことを 繰り返すハメめになる。

対処法。

1000円利を得て満足し 
それだけを繰返して 自分のスキルと 感じないこと。  
いつもたまたま上手く言ったと考える。

そして資金量はもっともっと 利をつんでから 少しづつ増やすことだ。
FXでいえば 維持率が 1000%以上を確保しておく。
数百パーセントでは 精神的な安定度としては 弱い。

また トレードの世界は 思惑が入りこんだ 人気の世界なので
法則は そもそも つくれないと 元から考えておくことだ。

次に続く。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する