中級者からの脱出(5-2)-牛丼代で仕切れるか。

あなたは自身がトレードしている評価額が
たとえば  牛丼1杯分の利で 仕切れるか。
350円程度で 1万ドルの投資だろうが 10万ドルだろうが
躊躇なく手仕舞うことのできるスキルを言っている。

たとえば 自分のトレード 買いが思惑や当初予測と反して評価損を
だしはじめた しかし 損ギリはしのびないと思っていると
反転してくる様子だ。
そして なんと 評価額が 利をうみはじめた と言う状況だ。
300円 600円 1000円 と上がっていく 
でもこれは 下降の 自立反発 かもしれない、
こういう場合  もう少し利を伸ばそうと待ってしまうのは
ほとんどの場合 失敗し 今度はさらに大きな 評価損を
抱える場合が あるものだ。
つまり 当初の予測どおりに一時的になった分けだ。 

ここで 少ない利得でし切ることができるようになれば
しめたものだ。

欲の感情を 一旦リセットできるスキル  管理できるスキルを
持つので、次回の取り組みを 冷静に執行できるもの。

こういうスキルを身に付けると 損をやみくもに抱え続けることは
なくなり、間違ったことを軽微にとどめるのだ。
この 制御できるというスキルはとても重要なのである。

////

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する