中級者からの脱出(6)-マタイの法則

ドル円ベースで この1ヶ月、急激に円安が続き、
この数日はガクンと 円高進行したりしているが、
これを トレードしている 
トレードの初心者 入門者は 悲喜交々で あろう。

このような大きな変動のある時期に はじめた 入門者などは 
ビギナーズラックで大もうけ! 

してしまったり 逆張りで預託がなくなり撤退せざるえない人 
着実に手法が機能したと喜ぶ人・・・いろいろだ。
特に 裁量トレードをしている人にとっては 
単純な罫線分析やオシレーター分析を 
裏切るような ことを 直面すると
ええ どうして と どうしたらよいか分らないものである。

2014年
ビル・ゲイツは「貧困国は2035年までに消滅する
貧しい国は貧しいままであるという見解は誤りである」と発言したと、
しかし経済学者のジョン・ケイ博士が、真っ向から批判し

「現代社会もまた、マタイの法則に従っている」
マタイの法則は、

「富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる」と。
まさに マーケットでの勝者と呼ばれる人は これに準ずるかもしれぬ。

たとえば 100億円の預託をもっているトレーダーと 
1万円しかもっていないトレーダーが
同じ時間内に 1万ドルのFX開始するのを考えてもらいたい。 

追い上げ方式というギャンブルの仕方があるが 
その耐久性を考えても 前者の 勝つ確率の方が高いのが
誰が考えても 明白である、少しチャートや罫線の読み方
など +少しマーケットが 読める チャートが読める 
投資マイドの スキルがあれば 
これまた前者は 勝つ確率が高いというもの。

ここから お金の大小で 勝ちを判断できることは 

「預託金は極限まで大きく 投資額は極限まで小さくする」

これが分る。

次に投資マインド的には

「精神的安定は、投資額に対する預託金額の大きさに比例する。」

ということだ。

これは 真理だと 少し投資をしている人ならば 納得できるだろう。

1つ弱点がある 運用リターン% が低すぎるという点である。
これは 人のお金を預かって運用する人にとっての話である。
あずけたお金が 100億円で 100円では 見合わないのは
当然で あくまでも 話としての例である。

しかし大富豪でもない のならば 
小利 = 勝利 でいいのではないか。

それでも 
私は 10万から 1億円を目指す! という 勇猛果敢な人は
別なので すべてではないことだけは 断っておきたい。
人ぞれぞれである。
私のような ちっぽけなトレーダーの出る幕でない。

それでも
ちっぽけなトレーダーであっても 
10円の利 100円の利 1000円の利 1万円 でも 
勝ちは 勝ちなのである。

//// はじめて読む方のために ////
一角流定義です。
初級者(初心者 入門者)・ 中級者・ 上級者の定義:

初級者= 都合 いつも損をしている 市場から退場の可能性大
中級者= 都合 いつも 損も得もせず=0で 継続している
上級者= 都合 利益を積み上げている

///////////////////////////////

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する