中級者からの脱出(8)-冷静投資・気分投資。

マーケットは指標発表・事件・発言で行ったり きたりすることは 
皆さんも 承知のことだと思う。

気と言ってしまえば なにやら神秘的に思われるが
人の心 自体が解明されてはいない分野で あるので
元気 人気 気合 とか 
気 がつくものには やはり何かしら エネルギーがあるのだと思う。

マーケットも エネルギーで満ち溢れている。

ドル円 円安トレンドが続けば いっせいに 
動くことがあるし その逆もありうる。
そんな 時に 気分で トレードをすると 
ぐるぐると 引っ張りまわされる。
気分投資 は 厳禁なのだ。

気が => 分れる つまり 冷静に値動きを みられない 気分の
時は 気持ちが昂ぶっているとき あるいは落ち込んでいるとき
なんとなく ヤル気がないなあ と感じるときは トレードをしないことだ。
そんな時の トレードは 日頃 セットしないボリュームで 売買をしかけて
しまうことが 経験的にもある。
なんといえばよいか 魔がさしたような トレード。

そういう時は 利がのりにくいし 逆に行くケースが出た時に
取り返しに行くことになりかねない とかく 冷静な判断が 
戸惑うとき。

飛びこんではならない。