中級者からの脱出(7)-重要指標発表は台風と同じ。

FXトレーダーの諸君。
昨日は 日銀総裁の 発言やら 甘利再生相の
「黒田総裁に市場に動意与える意図なかった」やらで 
大きく揺れた円だ。

上手く対応できましたか。

昨日の発言は 重要指標発表 よりも たちが悪い。
そして これこそが 相場の方向性を 決めたりするし
過敏な 反応だ。 なんで そんな 発言するの? という 
声が聴こえてきそうだ。

オシレターでもなんでも その 法則どおりいかないと
裏切られた感が強いものだが コンチクショウ!と 
思わないことだ。

所詮 マーケットとはそういう ものなのだ。
理屈で買っていたら すべてが 億万長者だから。

今回 たまたま利が乗ってしまった人もいるのではなかろうか。
そういう人は ラッキーだけのこと 有頂天にならぬように。

ラッキーも 実力のうち?
そうかもしれぬが でも ラッキーでない 
トレードスキルを あなたが 内在していたのかもしれない。 

今回は 1円以上の振幅であるので 普通の状態でない=
いわば 台風 だったのだ。

重要指標発表などは その前にはトレードをしないなり
方針をもち 手仕舞っておくとかできようが 
日銀総裁はFRB議長までは いかないけれど ヤハリ円に
影響があるので 国会答弁などとなると 指標と同じような
体制にしたほうが良いということだ。

といいなが 私は トレードを少ししていて 急にドル円が円高へむきはじめた
のに気づき 仕切りをいれていた。 棚からボタ持ち式だった、
その後 追求めたが そこまで。
都合軽微の利で終わったがこれで満足するのである。

不満足状態 を 儲けたいストレスを 継続することは 
得策ではない 

「出動する機会はいつもある」  からだ。