5/27~6/5「私負けないんです。」その1

ここに書く情報は GMO証券にてのFXneoでの取引実績
ですが、 今回の執筆でいうところの 投資マインド = 
根本的なトレーダーの心構えをもってして 
どんな手法にも迎合しない といっても罫線やMAなどはみるが、
それによって中級者から 脱し利をあげていくことを指南している。

証明できるのは すべて結果のみだ。 論より証拠。

以前 テレビで ドクターX というドラマの主人公
女医が 私失敗しないんです~ と の口癖があったが
それに 習えば 「私負けないんです。」
 と 引用させてもらった。

そもそも 最近になって このテーマを書こうと思ったのは
如何に負けてしまう、特にFXで負けてしまう人が多いかを
是正して 少しでも熟練してほしいと おこがましくも
思った次第である エンジュクさんの 取り組みも そこが
基点だろうし パンローリングさんでも 多くの書籍はそれを
ものがたっていよう。

考えるところ 自分の これまでの負スキル 負け心を
分析して それを逆に紐解けば 皆さんに少しでも 
役に立つのではと思った次第である。 

なので 預託を新規にいれながらのスタートし論より証拠も
ちゃんとしたいと思うのだ。
なので たとえば2日連続し マイナス = 負けこんだら 
どんなにそれまで 利が実現できていても この記載テーマはとめる。

なぜならば いっていることと やっていることが反していては
誰も 信頼しないからだ。

マーケットは 月曜の 朝になればまた始まる。
その 売買値を指南する!というようなことはいっさい書いてはいない。 
そんな 指南は ヤフーでもファイナンスなどの項目からみれば 
多くの優秀な評論家分析家が 書いているのでそちらの方が
確度が高い。

さて、私の預託は GMOの FXneoにそこからの開始として
5/27 に950,863 円の預託がある。
6/5現在 の 預託残高(既決済取引損益込)で
1,101,689円になっている 持ち越しの玉はないので 
差引き ほぼ1W程度ではあるが 95万の預託で 使用資金はどうだろう 
その10%程度であったと思うが => +150,826円の実現利益となっている。
売買報告書があるのですがそれをこのブログに 貼り付ける
やり方がわからないので やっていない。 どこかのサイトから
リンクをはるのだと思うが。

システムトレードであれば 勝負レシオや 勝率や
破産係数など沢山の 指標を出して活用するが、
それはもう私にとっては 過去のインフォメーションだ。 
かといって システムトレードではそれが基本でもあるので 
自分のエンジュクさんでの位置も当初そこにあった。
なので STradeを勉強している人はドンドン磨きをかけていくのも
良いだろう。

今の私の トレード方法は システムトレード ではなく
一般的に言う 裁量。 それも 短期のFXでトレードである。

「方法あって方法なし 手法あって手法なし」 

万人において ○○トレード手法 といった
ある勝ち組み人間が考えた 取引のコツ ロジックの 確度は 
どれだけ数が あるのか、わからない。 
ただ 1つ すべて それを 学び使用する人の結果が
やっぱり よくなる必要があると思う。

さて まず 上記の預託の金額や 利の結果で・・・

1.トレード数 = 数えていない。

これは Sトレードには欠かせない情報だが
私は 感知しない 知らなくてもいい。
過去の回数を 数えて何になるのかの レベルである。
1日に 気が向いた時とか チャートをみながら
数回~やっている。

2.通過は? ドル円 ユーロ円 2ペアの 片建てのみ。
ロット数 最低 10,000~100,000 通貨
※これは 当初は預託が小さいので 基本的にあまり大きくしない。
これは 重要だ お店の商品と同じである。
上記通貨は 流動性が高いし 円がからむので やりやすい。

3.勝率?
あえて 勝率は? と言われると これはtレード決済タイミングで 
1度も負けていないので 100%。 たとえば ある日に 3回
トレード決済したら 3回とも負けない。 日にちといったタイミング
ではない。

4.取引パターンは?
気が向いた時に チャートをみて 売買する。
雇用統計などの 大きな時は・・・ 先般 書いた通りで
振幅の 収まりそうな時に出動し決済。

なので 平時は

「方法あって方法なし 手法あって手法なし」 は同じ。

こんな 取引分析は 自分には全く関係はない
誰かに 如何にこれって すごいんだぞ! などと
説明する時に使用するのかも 知れないが
私から 言えば そういった気持 心の動きも悪影響なのだ。
トレードをする冷静さからは 遠いのである。
(ただ日記上は 書かないとと 割切っているのである

淡々とした冷静さをもち感情を昂ぶらせないようトレードをすること。
  = これらを阻害するものは 排除することなのである。