番外/懐疑的になる中国の指標

先ほど 中国の指標が発表された。

中国4-6月期実質GDP(前期比)1.7% 予想1.6%  1-3月期1.3%
中国4-6月期実質GDP(前年比)7.0% 予想6.8%  1-3月期7.0%
中国6月小売売上高(前年比)10.6% 予想10.2%  5月10.1%
中国6月鉱工業生産(前年比)6.8% 予想6.0%  5月6.1%
中国6月固定資産投資[都市部/年初来](前年比)11.4% 予想11.2%  5月11.4%  
~抜粋出典 GMO証券 ~

この 指標は真実の数字だろうか。

懐疑的にならざるえない。
6月15日から始まった中国・上海株式市場の暴落がつい先ごろまで続き
株価の下落が鮮明になった先月下旬以降、
売買停止となる銘柄が急増し株価下落を嫌がった企業が取引停止を決め、
中国当局もそうした対応を容認しているとみられた。
つまり 買いささえなければ ならない事情。

こういった金融市場の指標の正確さは 普通に考えて?に
すでに 投資家は読んでいると思う。
じゃあ 各国の為替の 市場介入も同じではないか?
とも言われそうだが。

今の中国の市場は
「社会主義状態での資本主義導入」 まあ 大いなる
実験でもあるのだとも思う。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する