トレードに住む悪魔の手に落ちない。

今週は 荒れた マーケットでしたね。

8月10日から 
それまでの「私負けないんです」の実証トレードから
新しいトレード 実証企画「変動感覚でFX」を 開始して5日たちました。
次のブログでその成果を記載します。

私のトレードは いつも 風のように 水のように 
あらゆる洪水のようにブンブンと飛び込んでくるニュースや実際
やってもいないアナリストのコメントを極力排し執着をとりはらった 
トレードスタイルを 遂行しています。
そして 一日 やっていることはまずありません。
言い方難しいですが
 すーっと やって スーッと 止めるといった スタイルです。

これは私が たどり着いた 1つのトレードのスタイルです。

分析指標も まあ使用するのは MAぐらいでしょうか。
一番大きいのは チャート値動き 変動感覚だけなのです。
「私負けないんです」の その1から 方法や スピリットは同じです。
その考えが 正しくあるためには エンジュクのブログに記載する以上
折れてはなんにもならない = 1つとして損をださない と5月27日より
取り組んで 実証しています。 

さて
システムトレードの利点は 言うまでもなく感情を排し 
統計的にエッジのあるロジックを発見し
これをソフト アプリとして 組上げ 統計的に有利に導いて
収益をあげるとこと で これはかれこれ 
20年以上前から 研究を重ねて やってきました。
しかし アプリケーションは 完璧ではありません 
時世 環境 経済状況 マーケットの 変化などによって
常に 更新 メンテナンスをして 有利さを 組込まなければなりません。

そもそも 感情を持つ人の弱さこそ トレードに住む悪魔の手に落ちる所で
これを排した 精神力をもつことができれば システムトレードのソフトを
超えることができるというのが 究極の私の自論です。
(※ここでのいうシストレは 深夜も動いている完全自動売買は含めません。)

それは長年しみついた トレードモデル(成功) の 
生身の人間= システム ととらえれば 
システムトレードといってもいいかもしれません。

さて 要は なんだかんだといっても キャッシュオンデスク。
利益を生まず積まずして プロフェッショナルとは 言えません。

いいや 私は アマチュアだからねえ・・・
趣味だからねえ ・・・

といった 屁のようなことを いっていたら
いづれ マーケットの「カモ」になるだけです。 

命と同じくらい大切な お金を投じて アマだから・・・と 言わず
どうぞ トレードを 永年の 利益センターにして 
プロ意識になることを おすすめします。

23:54 2015.8.14 記