新企画-「変動感覚でFXトレード」

さて ぱっとしない 雇用統計発表が 終わった。
皆さんは 利を あげるることは出来ましたか。
私は 「私 負けないんです」シリーズも終わったので
ゆっくりと 21:30の動きをみながら ドル円をやっておりました。
(「私負けないんです」シリーズは FX決済の 売買報告書を整理し掲載予定)

先般 AUD/JPYで オーストラリアの指標発表で急騰急落があったように
刷りこみが あって 雇用統計も可能性があるかもと
ドル円 ロングの建て玉を小ロットもっておりましたので
高いところで決済をしました。 
つまり 運が良い事に ロング 利乗せで終わりました。

こういうのを 俗に 感覚張り っていいまして トレーダーとして
やってはいけないとされる 1つです。

経験測で これまでのことを 下地にしたトレーダーの我侭感覚トレードです。

「やってはいけない!」 こととされることですが
これは 論理的にオシレータやファンダメンタルズなど
様々な数理的な情報や 分析からすると そうなります。
一方で、値動きは 究極的には ランダムウオークである!
という説もあれば
「月の満ち欠け」や日柄など ・・凄く人間的な トレーダーもいる分けです。

そこで 次回 からは

マーケットの くせを体感(潜在的にも)しているという変動感覚を元に
実証トレードをして 利をあげていく企画を開始します。

「変動感覚」とは 林輝太郎氏が 唱えたもので、——————–
変動をとらえる感覚。 
 「これから上がるか下がるか」という予測感覚ではなく、
個人的な売買の好み、売買戦略、狙いどころ、対象銘柄の値動きのクセ、
市況などを背景に導き出されるフィーリング。
売買技法を前提とした極めて実践的で個人的な感覚。
銘柄、あるいは売買のやり方を限定して継続することで培われる能力的
なもので、価格の動きをどう受け止めたかという個人的結論。
——————————————————–

預託は 2,000,000円として それが 利で倍になった時点で
つまり 決済後に 400万円になっていれば 終了するトレードです。

さあ スタートです。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する