番外/懐疑的になる中国の指標

先ほど 中国の指標が発表された。

中国4-6月期実質GDP(前期比)1.7% 予想1.6%  1-3月期1.3%
中国4-6月期実質GDP(前年比)7.0% 予想6.8%  1-3月期7.0%
中国6月小売売上高(前年比)10.6% 予想10.2%  5月10.1%
中国6月鉱工業生産(前年比)6.8% 予想6.0%  5月6.1%
中国6月固定資産投資[都市部/年初来](前年比)11.4% 予想11.2%  5月11.4%  
~抜粋出典 GMO証券 ~

この 指標は真実の数字だろうか。

懐疑的にならざるえない。
6月15日から始まった中国・上海株式市場の暴落がつい先ごろまで続き
株価の下落が鮮明になった先月下旬以降、
売買停止となる銘柄が急増し株価下落を嫌がった企業が取引停止を決め、
中国当局もそうした対応を容認しているとみられた。
つまり 買いささえなければ ならない事情。

こういった金融市場の指標の正確さは 普通に考えて?に
すでに 投資家は読んでいると思う。
じゃあ 各国の為替の 市場介入も同じではないか?
とも言われそうだが。

今の中国の市場は
「社会主義状態での資本主義導入」 まあ 大いなる
実験でもあるのだとも思う。

番外3/焦点が上海へ

節操がないというか ギリシャが中国の株式市場の
上げ下げに シフトされ ギリシャ問題が一旦希薄化。

あっちへふらふら こっちへふらふらの需給相場で
もはや 株式市場の 根幹は揺らぎ 上海株投機市場の中で
揺れうごき それを観て 世界も動く。

こうなると テクニカル指標などは 木っ端微塵であろう。
その為の損切りがあるのだ といえばあるが
順行に戻るのは 両者おちつきまで波乱市場だ。

当然 中国資本に依存したり 買収されたりした日本企業は
株価は 泣き笑いの中 推移していよう。

LAOX(ラオックス)などは
中国本土系企業「蘇寧電器集団」の子会社であるのでその煽りを
受けるのは必須だ。対してファーストリテイリングなど中国生産市場から
徐々に撤退しつつある企業などは 逆に株価打撃が軽微と言う。

そもそも 香港は別として自由主義経済で資本市場でない
特例といえ 中国に株式市場があるが なんかおかしいなあと
思っている。 

番外2/早く解決せざるえない。

ギリシャ問題は どちらにしても 
早く解決せざるえないだろう。
ロシアがじっと その様子をうかがっていると思う。

ギリシャは アジアか ヨーロッパか? という点で、
ギリシャ自信アジアでなくて、我が国はヨーロッパの一員で
いたいという希望がある。
なぜならば軍事的条約NATOなどへもギリシャは加盟しており
もしユーロ諸国から つまはじきにされたら 大国のロシアが
軍事拠点としてクリミアのように触手を伸ばしてくる可能性がある。

ユーロ諸国にとっても 米国にとってもそれは避けたいと考える
だろう、海路、交易などの地政学的な地域でもあるので見捨てる
こともできないハズなのだ。
それをギリシャ政権は逆手に カードも切れるので今回のような
強気な行動もとれたのではないかとさえ思う。

なので ユーロ通貨圏からは 外すかもしれないが
ユーロ諸国の一員としては残ってくれ! と 考える国と
いや通貨圏にも残してやろうじゃないか! という国と
2つ意見があるはずだ。

私が 思うに ドイツがすべてその鍵を握っていて
その背後には米国との 連携もあろうと思う。
なので ドイツが切りすてるなどと発言すればきっと米国は口を
出してくるという構図だ。
つまり軍事的な側面も このギリシャ デフォルト問題の中に
秘めているのだと思う。

独り言でした。

番外/いつまで動揺?ギリシャ問題に拍車

日本人より外国人の方が 行き過ぎる反応!?
ギリシャ問題は 以前から予想されていたのに かかわらず
いざ 現実になると 
いっせいに マーケットはうろたえ そして悪いニュースが 
+ 拍車をかける。

上海。

以前少し書いたけれど 上海の証券市場が本格化したのは
1990年11月26日再設立 で 中国が西側の金融市場の機能を
踏み出して まだ 25年ぐらいで 個人投資家がめっぽう多いと聞く。

なので 若い株投資市場で参加者も きっとかなり投機的では
ないかと想像できる。 もちろん外国筋もいるとも思うが
8%の下げとか強烈を 通過ぎ 
バブル崩壊? であるかの様相相場 連日下げという 現実だ。

日本もかつて 大きなショックを受けたことがあるが
多くの敗者 と 少しの勝者 の 慟哭と狂喜のステージあろう。

しかし日経も 煽りを受けて 危うい-638.95の下げ。
連鎖的な 世界同時株安。

さらに NYSEがシステムトラブル?

まあ 呆れます。

しばし この金融動乱は 参加せず 
様子を みているのに かぎります。

が きっと 皆さんは チャンスとばかり ガッツリ取り組んでいるようにも
思いますので くれぐれも ご用心してください。

無理な 投資はしないよう。

6/27-7/7「私負けないんです。」その5

ギリシャのデフォルトばかり問題視されているが 
その原因はいったいなにか?

ギリシャ政府はこれまで「財政赤字は対GDP比で3%程度」
と世界および国民に対して誤魔化してきた。2004年のアテネオ
リンピックでも巨額赤字を出し隠してきた。
ところが政権が変わって、フタをあけてみると真っ赤な嘘で、
実際は10%を超えていることがわかった。しかも赤字額は計算
し直すたびに増え、今ではGDP比で13%を超えるレベルになっ
ている。また累積債務でも対GDP比で110%に達しており、
万年落第生のイタリアと肩を並べるようになっている。 と。
—–
つまり政府が世界や国民にウソをついてきて バレてしまった!
国債刷って 借金の穴埋めしてきたけど 国債の償還でき
ないしね IMFからも借りて・・ ああ~~駄目だとなった訳です。
 
ウソつく前に ちゃんと報告していればまだ小さな傷だったのに。 
と 誰でも思う。
つまり 政府も 
「ウソツキ は 泥棒(借金を返済しない)の はじまり」を
文字通りしてしまっていたということ。

国民や借り先に どう言い訳したら いいのという 
とても シンプルな ことなのだ。 
ああ こども に 恥ずかしいなあ という出来事の始末に 
国民投票もやって 世界市場が揺れているのです。
ここに1つ 金融は 借りる 使う 運用し蓄える、 
という シンプルさ が分る。

借りる 使う 借りる 使う 借りる 使う では
破産する。

トレードも 運用の面では シンプルだ。 
買う 売る 蓄える この循環だが たったこの 作業しかないのである。 

さて、——-このシリーズも 約5週目を通過しました ——————–

5月27日から 中級者を脱するためシリーズブログを書き 
それに応じた FXトレードを開始し 預託元本 950,000円で、
通貨はドル円 EUR円のどちらかです。

現在預託残高 は 先週1,302,959円。 現在1,360,704円(決済ベース)
 
使用ボリュームは 基本的に10,000ドル~250,000ドルまで使用。
都合、
1Week回めは 150,826円 
2Week回めは 66,618円 
3Week回めは 111,457円
4Week回めは 24,058円 
今Week回 は 57,745円

なので これまでの損益は = +410,704円
でした。

現在も ドル円仕掛け中。

番外/ギリシャ波及相場-射幸心煽られぬよう。

誰もがそうなるよね と 思った東京市場であった。

為替もそうだが ドル円もEUR円も前週終値から
ガクンと乖離した始値であったので その空間を値が、
ロウソク足が 埋めに行くかどうか テクニカル的な側面では
みていた前場であった。ドル円ではどうも前週末日の安値あたりまで
かろうじてタッチしたようにみえる。

また、上海の株式市場は大きな乱高下だった前場。
若い市場だけに 投機的になりやすいので 致し方ないと思う。

今後は ユーロだけでない 各国の要人発言や 
ギリシャへの確定的でない情報が飛び交い
何かと神経質にFXなどは 大きく動く可能性があるとみている。 

デイトレなどの短期的トレードでは
大きく資金を投下しないことだ。短期ギャンブルになりやすい。
日本時間から 欧州時間 になればそれら 不安定な情報によって
上下加速するのは否めない。

決して射幸心煽られぬように くれぐれも資金管理に要注意だ。

午後12:39 記載。

 

中級者からの脱出(11)-予測と預言

皆さんも感じていること。
アナリストの 投資アドバイスは 絶対に断定はできない。
「・・・・・!?」 で終わる ということだ

予言者も 同じだ 「富士は噴火する!?」 となるのだ。

!=と断定をしたけれど ?=やっぱり分らない

断定できないのは 未来に発生することだからだ。

これを 鵜呑みにすると 自分の希望と同じであれば
やっぱりそうだと いう心理になる。

偏りがでてしまうので 中立なマーケットへの反応ができなくなる。

どこかで今 地震計が震度を感じ取って アラームがなりスマホや携帯に 
緊急地震速報が 発信され数秒後に 鳴るものであっても 地震の波の
実際の 到着が科学的に論理的に計算され 預言ではない。

一寸先は どうなるか さえ 人が予測することは 不可能である。
これはマーケットでも同じだ。 科学的に過去を分析できても
おおよその未来の 方向を示唆できても それは確実ではない。

ならば どうやって 利を上げる 勝てばいいのか?

それは 昔 受験で「傾向と対策」 という問題集があったが
それに 等しい。

まずは 科学的な側面。
膨大な経験 知識 ノウハウを 頭に蓄積して 
マーケットの 傾向を知り 対応し トレードを するということだ。
その 間に たつのが エンジュクさん のセミナーでありノウハウあろうか。

しかし それでも 不完全なものがトレード。

プラス 自分の投資に向かう時の マインドの「傾向と対策」
お金を扱う時の心理状態の 「傾向と対策」クセ分析を忘れず 
共に 勉強し 振り返り 改善してゆくことができなければ
一生 ノウハウ本に頼って フラフラと しなければならい。
 

番外/ギリシャ

欧州連合(EU)は27日に開いたユーロ圏財務相会合で、
30日に期限を迎えるギリシャ向け金融支援を延長せず・・・。

といってもギリシャのGDPは
ドイツのワーゲンの年間売り上げよりも小さいという。

しかし それよりも 国家威信はなくなるという方が
ムードとしても 悪く それに続く 欧州の国への不信が高まる
そちらの不安が大きい。

今週は このニュースで当然揺れるのは間違いはないが 
EURが一旦円にシフトされるというのは予想される 
つまり 一時的な円高だ、ただ米金利のこの先の上げも
予想されるので 円安傾向はつづくと個人的には考えている。

変動に注意する一週間だ。

6/23-27「私負けないんです。」その4

今週は あまり出動できなかったせいか 実質2日。
微増に終わったけれど
趣旨である 負けなければ これくらいでいいよね~ という実益です。

昨月 5月27日から 中級者を脱するためシリーズブログを
書き ちょうど 1ヶ月となりました。 
それに応じた FXトレードを開始し 
預託元本 950,000円で、通貨はドル円 EUR円のどちらかです。

現在預託残高 は 1,302,959円。
 
使用ボリュームは 基本的に10,000ドル~200,000ドルまで使用。
都合、
1Week回めは 150,826円 
2Week回めは 66,618円 
3Week回めは 111,457円
今Week回 は 24,058円 
なので 月損益は = +352,959円  <= これは確認しておくこと。
月利37% の利となりました。 <= どうでもいいこと
決済トレードベースで 全勝です。 <= どうでもいいこと

6/15-22「私負けないんです。」その3

週末は所要であったので 
このシリーズはアップできなかったが、
今仕事から帰り記載している。

さて1日シフトしてしまったが 6/15~の 実損益を記載したい。
いくら儲かったなどというのはね トレードの技術からみて
実は どうでもいい。
きっと読者はトレードで月収1000万とか 
年収X億円稼ぎましたという ほうぼうにある商材宣伝に
癖々していることだろう。

私はね これくらいで いいよねという 実益です。
5月27日から この中級者を脱するため シリーズを書き
それに応じた FXトレードを開始し 預託元本 950,000円で、
通貨はドル円 EUR円の どちらかです。
現在預託残高 は 1,278,901円

使用ボリュームは 基本的に10,000ドル~100,000ドルまで使用。
今回は200,000ドルまでレバレッジ使用。

都合 前々回は 150,826円 + 前回 66,618円 + 今回は111,457円
なので = +328,901円 の 利となりました。

先週は 円やポンドもユーロも大きく揺れていた。円高。
今週は ギリシャ問題があり不安定ではあるが
米国指標などは 概ね良好で推移している。

このシリーズはとにかく実損失を出したら 
止める覚悟ではじめているので 心理的に平常心を
とても 求められる。

皆さんは 私の手口などに きっと興味があると思うが
そういう 手口を知るという こ自体 せっかくの
個々の実力をそぐことになる。

今日も 冷静で 平常心でいたいものである。

そうれから この 「中級者から脱出」はまだ 続きます。
切りは 当初預託元本 95万の倍 190万になったところで
一旦区切り、信じられない人もいると思うので 
その証拠を生データを掲載し
それよりも もっともっと 重要なトレードのゾーンのことを
書きつづっていく。